サービス別売上およびセグメント利益

  2020年3月期  2021年3月期
  フィナンシャル・サービス事業 アセット
マネジメント
事業
連結
計算書類
計上額
フィナンシャル・サービス事業 アセット
マネジメント
事業
連結
計算書類
計上額
  データ・
ソリューション
メディア・
ソリューション
データ・
ソリューション
メディア・
ソリューション
売上高 1,867 1,066 3,880 6,814 1,835 653 4,995 7,485
2,933 2,489
セグメント利益 1,034 507 1,541 669 1,095 1,765

ファイナンシャル・サービス事業

データ・ソリューション

タブレットアプリの提供台数が前連結会計年度末の91,594台から11,444台(12.5%)増加し、103,038台となり、タブレットアプリ関連データほかファンドデータの売上が増加いたしました。一方、「株式新聞」の購読料など株式関連の売上が減少いたしました。その結果、データ・ソリューションの売上高は、前連結会計年度の1,867百万円から31百万円(-1.7%)の減収となる1,835百万円となりました。

メディア・ソリューション

当連結会計年度に開始したオンラインでのセミナーが好調で、その売上が加わったものの、新型コロナウイルス感染症により対面でのセミナーの開催規模、回数が大幅に減少し、セミナーの売上に加えて広告の売上が減少いたしました。 その結果、メディア・ソリューションの売上高は、前連結会計年度の1,066百万円から412百万円(-38.7%)の減収となる653百万円となりました。

ファイナンシャル・サービス事業の当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度の2,933百万円 から444百万円(-15.1%)の減収となる2,489百万円となりました。 セグメント利益は、前連結会計年度の1,034百万円から364百万円(-35.3%)の減益となる669百万円となりまし た。

サービス別売上構成

セグメント利益の構成

関連リンク

ファイナンシャルサービス事業 別ウィンドウで開く

アセットマネジメント事業 別ウィンドウで開く